包茎手術を受ける前に絶対に読んでおくべきこと!

包茎手術(治療)の流れ&手術後の過ごし方、注意することとは?

包茎の悩みから早期に解放される治療として人気の「包茎手術」。
しかし、包茎手術といっても実際どんな流れで治療が進められていくのでしょうか?


包茎手術の流れと、手術後に注意することなどについてお話していこうと思います。


包茎手術の流れ


(1)まずはWEBで無料カウンセリング予約
ほとんどのクリニックが来院は完全予約制となっており、初めて診察を受ける場合はまずWEB(ネット)または電話での予約が必要となります。

このカウンセリングは、ほとんどのクリニックが無料で行っているので、クリニック選びで失敗しないためにも、気になるクリニックがあればどんどんカウンセリングを受けましょう。



いくつかのクリニックを比較することで、より自分に合ったクリニックが見つかると思います。

1番最初の電話で、「包茎に悩んでて...」と見知らぬスタッフに話すのは結構勇気がいると思うので、やはりWEB予約のほうが気が楽ですよね(^_^;)


問い合わせの場合などでも、電話で口頭で回答してもらうよりは、メールなど形に残るもののほうが、後々もし何かあったときにも「メールでこう書かれていますが」と言える材料にもなります。


(2)来院・無料カウンセリング・診察
予約日にクリニックへ行き、受付をしたあとに問診票の記入をします。
(クリニックによっては受付時に本人確認があるところもあります)

問診票の記入をしたら、カウンセリングが行われます。



カウンセリングは、そのクリニックによって男性専門スタッフやカウンセラー、担当医などが行い、治療の不安や悩み、要望など、ここで疑問は全て解決できますし、手術法や術後の注意事項などの説明もあります。

そのクリニックによって、行っている手術方法や内容が異なりますので、どんな手術法が自分の包茎に合っているのかもしっかりと相談したいですね。


カウンセリングの後は、担当医による包茎の状態の診察となります。


(3)包茎手術
カウンセリングに納得できた場合には、そのまま当日に手術を行う事ができるクリニックもあります。

もちろん、いくつかのクリニックで検討中であったり、カウンセリングに納得できなかった場合には、「もう少し検討してみます」と言えば、手術を強要してくるクリニックはないと思います。

再検討の場合は、帰宅したあとに手術をするクリニックを決めたら、再度予約をすれば大丈夫です。

手術の前に手術申込書の記入や手術料金の支払いがあるところが多く、未成年の場合は親の同意書や両親の同伴が必要になります。




手術時間は、包茎の状態やそのクリニックの手術方法によって多少違ってきますが、だいたいどのクリニックでも20分から1時間程度となります。

包茎手術は入院などは必要なく、日帰りなのでスケジュールの調整もしやすいですね。


(4)アフターケア
手術内容にもよりますが、手術後に抜糸が必要な場合は、医師の指示に従って後日抜糸のため来院する必要があります。

その他、アフターケアの内容についてはクリニックによって異なりますが、希望する場合は経過診察をしてもらえたり、男性カウンセラーに24時間いつでも相談できたりと、安心のサポートが無料で受けられたりします。



手術をした後も、やっぱり不安なことって何かしら出てくる可能性があるので、手術をしたらそれで終わりではなく、アフターケアがあるのは安心ですね。


手術後の過ごし方、注意すること


こまめに通院する必要があったり、治療のために何度も何度も診察に行く必要があるものは、なかなかスケジュールの調整が難しかったりしますよね。

ほとんどの包茎手術は、手術による入院や手術後の通院も必要ないため、包茎治療にスケジュールが縛られることがないので、仕事で忙しい男性も比較的受けやすい手術ではないでしょうか。


もちろん、無料カウンセリングのときにも説明がされると思いますが、手術後に関してはいくつか注意事項があります。

まず、仕事は重労働でなければ手術当日からOK、シャワーは包茎手術の翌日から大丈夫ですが、例えば入浴は術後1週間後または抜糸後から可能となっています。


その他は個人差がありますが、激しいスポーツは手術後1週間はNG、自慰行為(オナニー)や性行為はだいたい3週間から4週間ほど後が目安になります。


手術後の痛みに関しては、こちらのページ包茎手術はかなり痛いの?!術中と術後の痛みはどうなのか?麻酔にこだわっているクリニックを選ぼう!で詳しくお話していますが、手術の直後は勃起してペニスが膨らんだだけで突っ張った感じがして痛いという人もいるため、そもそも自分の性器が手術されたばかりのすぐの状態で、オナニーやセックスをしようだなんて思いませんよね(^_^;)

この辺は性欲どうこうよりも自分のペニスをいたわる気持ちのほうが勝つと思います。(^_^;)

朝立ちなどは避けられないので、自然に勃起する分は仕方ないそうですので安心してください。


体験者の方の中には、禁欲できずに手術後3週間経たないうちに自慰行為をしてしまった...という男性もいるようですが、傷口の治りが遅くなったり傷口が開いてしまうなどの心配もありますので、医師からの指示はしっかりと守るべきでしょう。


手術後の少しの期間ガマンするだけで、その後は晴れて包茎から解放されると思えば、手術後の制限のある期間についてはそれほどネックにはならないと思います。


<<前の記事「包茎手術を受けるクリニックの正しい選び方は?失敗しないためのポイント」へ
>>次の記事「包茎手術はどっちがいい?泌尿器科と包茎治療専門クリニックを比較!メリット&デメリット」へ


●関連記事
包茎手術をするべき7つの理由とは!包茎手術を受けるメリットとデメリット
包茎手術はどっちがいい?泌尿器科と包茎治療専門クリニックを比較!メリット&デメリット
包茎治療クリニックで出来る治療!性感染症、亀頭増大(ペニス強化)、長茎術、ED(勃起不全)、早漏防止など!









ペニスと包茎についての基礎知識

 

包茎手術を受ける前に絶対に読んでおくべきこと!

 

包茎手術・治療でオススメのクリニック一覧