包茎手術を受ける前に絶対に読んでおくべきこと!

泌尿器科と包茎治療専門クリニックの、包茎手術の費用や料金の相場は?健康保険は使える?

包茎の治療法として一般的に知られているものとしては、包茎手術の他に剥き癖や器具などもありますが、剥き癖にはデメリットが多く、器具などに関しても包茎が改善する医学的根拠がないものも多いです。

そのため、包茎の悩みから早期に解放される治療方法として、包茎手術が選ばれています。

剥き癖について詳しくはこちら包茎を自分で剥くとこんなトラブルに!剥き癖をつけるのは危険?!剥き癖で包茎は治るのか?剥き癖の付け方とはへどうぞ。


1番大切なのは手術の安全性だとは思いますが、やっぱり気になるのは手術費用はどれくらいかかるのか?ということですよね。

そこで包茎の手術費用についてと、さらには包茎手術に健康保険は適用されるのかなどについてもお話していこうと思います。


まず、包茎手術は一般の泌尿器科で受けるものと、包茎手術専門クリニックで受けるものがあります。


一般の泌尿器科で受ける包茎手術の料金の相場


一般の泌尿器科でも包茎手術を行っていますが、泌尿器科でどんな包茎の人でも手術が受けられるわけではなく、包茎の中でも"病気"とされる真性包茎、または重度のカントン包茎の人のみです。

この包茎の場合、医学的には病気とされるので、泌尿器科で手術を受ける場合にはもちろん健康保険が適用されます。


つまり、仮性包茎の場合は泌尿器科で健康保険を使って手術をすることはできません。

一般の泌尿器科で健康保険を使って手術をした場合、だいたい費用は1万円から3万円ほどだとも言われており、包茎手術のクリニックなどよりも安く済ませることができますね。


費用に関してはメリット点ですが、一般の泌尿器科での手術は、あくまでも包茎を剥けるようにするだけの手術が一般的であるため、包茎の原因とも言える余った皮がなくなるわけではないようです。

簡単に言うと、真性包茎やカントン包茎の状態が仮性包茎レベルになったような感じなんだそうです。



体験談などでも傷跡が目立つ、というものをよく見かけますし、いろいろ調べてみると、縫合の位置も亀頭の真下ではなく陰茎の真ん中あたりにされることもある?みたいで、女性が見ても「包茎手術をしたんだな」とすぐ分かることもあるそうです。

これは大きなデメリットといえますよね。


一般の泌尿器科での手術は、費用自体は安く抑えられるものの、包茎手術の仕上がりの綺麗さや見栄えにはこだわっていない医院も多いようです。

ただ安いとは言え、こちらのページ包茎手術はどっちがいい?泌尿器科と包茎治療専門クリニックを比較!メリット&デメリットでお話しているように、泌尿器科で保険証を使って包茎治療をした場合、家族にバレてしまう可能性もあります。


包茎手術専門クリニックで受ける包茎手術の料金の相場


包茎治療クリニックや包茎手術専門クリニックとは、わかりやすくいうと美容外科クリニックのことです。

美容外科クリニックの中でも、包茎の手術を専門とするクリニックのことで、美容外科とだけあってただ剥ければいいだけではなく、コンプレックスの改善、包茎手術の仕上がりの良さにこだわっているところが多いです。

泌尿器科のように病院ではないので、包茎専門クリニックの場合は"自由診療"となるため、健康保険は使うことが出来ず、費用は泌尿器科よりも高くなりますが、仕上がりの良さや術後の見た目にこだわるのであれば、包茎専門クリニックのほうが良いと言われています。


包茎治療専門クリニックでの手術費用は、もちろんクリニックごとでも異なりますが、包茎の種類や手術法によっても変わってきます。

包茎手術の費用としては、だいたい7万円から20万円ほどの間です。

中には、HPを見るとキャンペーンや学割などをしていて割引が受けられるクリニックもあります。


カウンセリングやアフターケアは無料になっており、明朗会計を掲げているクリニックばかりです。

一昔前は、クリニックの中にはぼったくりとも思えるような、最初に安い金額を提示して後から手術代金の値上げをするようなところもあったようですが、最近ではテレビCMでも包茎手術クリニックを目にするようにもなり、クリニックの選び方を間違えなければ、そのような心配はないように思います。

例えばABCクリニック美容外科のHPには、"手術中や手術後に料金が変わることはありません"とハッキリ書かれています。

ただ、こちらのクリニックでは患者側から仕上がりの指定がある場合には、料金が加算される場合があるそうです。


見た目や仕上がりにこだわるなら、絶対に「包茎専門クリニック」!


包茎治療クリニックでは、亀頭が小さく増大したい人、早漏、長茎、イボの除去など、包茎だけではなくペニスにまつわるさまざまな悩みへの手術もあったりしますので、例えば「包茎も改善して亀頭も大きくしたい」というのも可能だったりしますよ。

支払い方法は、現金払いだけではなくクレジットカードの他に、分割制度、医療ローンなど、無理なく費用が支払える方法を選べるクリニックが多いので安心です。


先ほどお話したように、仮性包茎は医学的には病気とは判断されないため、包茎手術クリニックでしか手術を受けられませんが、真性包茎と重度のカントン包茎の人の場合、どちらで包茎手術を受けるかは選べます。

性器って身体の部位の中でも特にコンプレックスが出やすい場所だし、異性関係においても大事なパーツだと思うので、費用の安さだけで選ぶのではなく、やっぱり後悔のないようにしたいですよね。



泌尿器科で包茎手術を受けた人に向けたものかは不明ですが、包茎手術クリニックなどでは、料金の項目に「修正再手術」や「他院修正手術」というものがあります。

これは、他院で施術された方に対して行われるもので、手術の仕上がりに対して納得出来なかった方が、美容外科クリニックで修正の再手術を受けるものだと思いますが、やはりどんな男性でも仕上がりに関しては一番こだわりたい点だということがわかりますよね。

他院修正手術に関しては詳しくはこちら包茎手術の傷跡や見た目は?他人にばれる?修正手術とは/ツートンカラー、ペリカン変形など失敗例はある?へ。


また、泌尿器科のところでお話したように、治療で通院したことを知られたくない場合、泌尿器科だと保険証の関係でバレてしまう可能性がありますが、包茎クリニックの場合は保険証にも履歴が残らないため、家族や奥さんにバレたくない人にはかなり大きなメリットとなります。


包茎手術をどこで受けるのかは、料金の安さだけで選ぶのはとても危険なことだと思います。

手術費用なども含め、包茎手術クリニックの選び方についてはこちらのページ包茎手術を受けるクリニックの正しい選び方は?失敗しないためのポイントでもお話していますので、参考にしてください。


<<前の記事「包茎手術はどっちがいい?泌尿器科と包茎治療専門クリニックを比較!メリット&デメリット」へ
>>次の記事「包茎治療の手術の種類、術式の違いとメリット・デメリット!環状切開術(環状切除法)、亀頭直下切開法、陰茎根部切除法など」へ


●関連記事
包茎手術(治療)の流れ&手術後の過ごし方、注意することとは?
包茎治療の方法は?切らない手術?リングタイプ、下着タイプ、接着剤タイプなどの包茎矯正器具
包茎治療クリニックで出来る治療!性感染症、亀頭増大(ペニス強化)、長茎術、ED(勃起不全)、早漏防止など!









ペニスと包茎についての基礎知識

 

包茎手術を受ける前に絶対に読んでおくべきこと!

 

包茎手術・治療でオススメのクリニック一覧