ペニスと包茎についての基礎知識

包茎を自分で剥くとこんなトラブルに!剥き癖をつけるのは危険?!剥き癖で包茎は治るのか?剥き癖の付け方とは

「包茎だけど、病院には行きたくない...」など、包茎を自分で何とかしようと思ったとき、多くの男性がまず思いつくのが"剥き癖"をつけることだと思います。

剥き癖の付け方を調べたことがある...という人も、多いのではないでしょうか?


包茎のほとんどの人が一度はやってみようと思う剥き癖の道ですが、剥き癖ってつけたほうがいいのか、それとも剥き癖なんてつけるべきではないのか、

実はその剥き癖は、包茎の状態によってはとても危険な行為なのです。


剥き癖とはどんなものか?


剥き癖とは、包茎の状態のペニスの包皮を手で剥いたままにして、亀頭を露出させた状態で生活することを言います。


剥いた状態で生活すると言っても、包茎の人が少し手で剥いたくらいで亀頭を露出させっぱなしというのは不可能だと思うので、剥き癖の方法・付け方としては、例えばトイレに行く度に皮をめくって剥いたり、入浴時や寝る前に剥いた状態にするのが一般的です。

剥き癖は、このようにそもそも自分で手で軽く剥いただけで包皮がめくれないと出来ないことなので、軽度の仮性包茎程度の包茎男性は出来ても、重度の真性包茎の人は出来ないことです。


しかし、包茎を治したいがために無理に包皮をめくって剥き癖をつけたことで、ペニスが赤く腫れ上がってしまったり、水ぶくれや化膿、皮が戻るときに陰毛を巻き込んで亀頭を傷つけてしまうなど、怖い体験談をネットでもかなり見かけます。

さらにはカントン包茎の人の場合、包皮の入り口の締め付けが強いため、無理矢理包皮を剥いてしまうと激痛があったり、激痛に耐え切れずに包皮を戻そうとしても元に戻すことが出来ずに、血流が悪くなって壊死してしまったり、病院に駆け込む人もいるそうです。

なんと恐ろしい...(^_^;)


剥き癖をつけることで、こういったトラブルがあることもしっかりと知っておいてください。




剥き癖をつければ包茎は治るのか?


剥き癖は包茎の改善に効果があるという人や、成長期に行う以外は効果が少ないなど、剥き癖と包茎との関係にはさまざまな意見がありますが、私が調べたところ、"剥き癖をつけるだけでは包茎は治らない"ようです。

それどころか、無理に剥き癖をつけることで、先ほどお話したようにペニスが炎症を起こしたり、状態が悪化してしまったりすることが多く、むしろ剥き癖をつけることはデメリットの方が多い気がします。


そもそも包茎はペニスの長さに対して包皮が余分にありすぎることが多く、包皮が余りすぎていることに対して一時的に皮をめくったところで、その皮がなくなるわけではないですよね。

つまり、剥き癖は包茎が改善することには繋がらないということです。


例えば原理的には一重まぶたを二重まぶたにするためのアイプチと似ているんですが、一重まぶたの人が皮膚にクセをつけて二重まぶたにするのって、簡単じゃないですよね。
というかそんなことはほぼ不可能です。

アイプチってのりでまぶたを1日固定した状態で過ごすんですが、そののりを付けているときは二重になっても、のりを取ったら一重に戻ります。

1日のりでつけていてもこうなんですから、たかがペニスの皮をトイレの度などに剥く程度では、包茎が治るわけがないんです(^_^;)


それだけ、皮膚にクセをつけるというのはそもそもとても難しいことなのです。

今日この日まで、何十年とその状態でキープされていたものを、たった数日、数週間、数ヶ月で皮膚の状態を変えようなど、どう考えたって無理でしょう。


包皮を剥いたままにしておくような器具が市販(包茎矯正器具)されていますが、その器具をつけている時は包皮が固定されていても、器具を外すと包茎の状態に戻ってしまうという人がほとんどだそうです。

包茎矯正器具についてはこちら包茎治療の方法は?切らない手術?リングタイプ、下着タイプ、接着剤タイプなどの包茎矯正器具へ。


包茎に悩んでいる人って、これまで長い間ずっと包茎に悩んできて、出来ることなら早くこんな包茎とは決別したいのに、具体的にいつ改善するかもわからない(というか医学的にも効果はなさそうな)剥き癖なんて方法に頼っていられないですよね...。

好きな人や彼女が出来たり、結婚をするタイミングだったり、包茎を何とかしたい!と思うタイミングって人それぞれですが、例えば、数年後でもいいからいつか包茎が治ったらいいなーくらいの人には剥き癖でもいいかもしれませんが、真剣に包茎に悩んでいる人には向いていないのではないかと思います。


自分で剥き癖をつけることにはリスクがありますし、医学的にも剥き癖をつけることによって包茎が治るなんてことはどこにも書いてないですから、やはり包茎をなんとかしようと思うのであれば、専門のクリニックでの治療しか方法はないと思います。


包茎治療の専門クリニックであれば、当然のことですがこの道に詳しい医師の方がいるわけですし、何の医学的知識もないのにリスクを覚悟で自分でいろいろな方法を試すよりも、よほど安全だと思います。


<<前の記事「包皮口や包皮の長さが関係してる?包茎になる原因とは何か!/包茎は遺伝するのか?」へ
>>次の記事「包茎手術をするべき7つの理由とは!包茎手術を受けるメリットとデメリット」へ


●関連記事
包茎手術を受けるクリニックの正しい選び方は?失敗しないためのポイント
包茎のデメリット!包茎が原因で起きるさまざまな病気と症状!亀頭包皮炎や陰茎がん、EDまで?!
「包茎の種類」仮性包茎、真性包茎、カントン包茎とは?どんな状態、症状のこと?








ペニスと包茎についての基礎知識

 

包茎手術を受ける前に絶対に読んでおくべきこと!

 

包茎手術・治療でオススメのクリニック一覧