ペニスと包茎についての基礎知識

包茎のデメリット!包茎が原因で起きるさまざまな病気と症状!亀頭包皮炎や陰茎がん、EDまで?!

包茎の男性は性感染症(性病)にかかりやすいのか?については、前のページ包茎だと性病になりやすいって本当?!尖圭コンジローマやクラミジア、カンジダなどの性感染症の症状で解説していますが、このページでは性感染症以外のその他の病気と包茎との関係についてお話していこうと思います。


包茎は、見た目のコンプレックスや嫌な臭い、早漏や遅漏など性行為の機能的な面でのデメリットだけではなく、包茎が招きやすい病気にはどんなものがあるのでしょうか。


●亀頭包皮炎
亀頭包皮炎とは、亀頭と包皮の間に淋菌やカンジダ菌などの細菌・雑菌が入って炎症を起こし、亀頭が赤く腫れ上がったり、排尿時の痛み、カサつき、ただれ、膿がたまるなどの症状が出ます。

カンジダ菌が増殖すると、白いカス(垢)がたまることもありますが、亀頭包皮炎の痛みの度合いや症状の現れ方は、人それぞれです。


しっかりと予防や治療をすれば治らない病気ではないのですが、包茎の男性の場合は亀頭部分を清潔にすることが難しいため予防もしずらいですし、亀頭が不清潔になってしまうことが多いため、完治する前にまた再発を繰り返してしまったり、悪化しやすくなってしまいます。

亀頭包皮炎を放置したり繰り返し感染することで、排尿や性行為が困難になるだけではなく、「閉塞性乾燥性亀頭炎」や「陰茎がん」となってしまう場合もあります。


●閉塞性乾燥性亀頭炎
亀頭包皮炎などを慢性的な炎症によって、陰茎の先端周辺の皮膚が白く硬くなってしまい、排尿困難となってしまうものです。

包皮の伸び縮みによって皮膚が切れやすくなるため、入浴やセックスの際に痛みを感じたり、その度に皮膚がひび割れや裂傷してしまうため、症状が進行すると切開手術が必要になってしまうこともあります。


包茎の人はこの閉館性乾燥性亀頭炎になりやすいため、包茎手術を受ける方も多いそうです。


●陰茎がん(扁平上皮癌)
陰茎がんは、名前の通りペニスのがんですが、原因は恥垢やHPVなどと言われており、発症する人の多くは包茎の男性だそうです。


陰茎がんはリンパ節などに転移しやすく、早期発見が重要となりますが、自覚症状がほとんどないため自分では気づきにくく、受診が遅れがちです。


●尿路感染症
尿路感染症とは、尿が通る道(尿路)に細菌が感染して増殖した状態のことで、一般的には子供や女性がかかりやすいものとされていますが、成人男性が尿路感染症になる場合、ほとんどが包茎などによる不衛生な状態が細菌を増殖させやすい原因です。

尿路感染症を放置してしまうと、尿路から入った細菌が血液に入り、血液を経由して全身も渡り、最悪の場合命に関わるほどの状態になる危険性もあるようです。


尿路感染症には、急性腎盂腎炎や急性巣状細菌性腎炎など発熱を伴う"上部尿路感染症"、そして膀胱炎や尿道炎、急性前立腺炎など通常は発熱はしない"下部尿路感染症"があります。

先ほども書いたように、包茎の場合は尿路感染症を発症しやすいだけではなく、何度も繰り返し感染することも多いため、包茎手術を受ける男性も多いと言われています。


●ケーラー紅色肥厚症
ケーラー紅色肥厚症とは、亀頭部分が赤みのあるいビロードのような状態になってしまう病気で、主に亀頭と包皮との間に恥垢がたまり、細菌が繁殖することが原因です。


ケーラー紅色肥厚症は、初期段階では自覚症状がほとんどない上に、治療を受けるのが遅くなると、陰茎がんに進行してしまう可能性があるため、亀頭に恥垢が溜まりやすいと言われる包茎の男性は、特に注意が必要となります。


包茎がもたらすのは、それだけではなかった!精神的な問題も...!


これまで、包茎の男性がかかりやすい病気、包茎が原因で招きやすいさまざまな病気についていろいろお話してきましたが、包茎がもたらすのはただの病気だけではありません。

「自分の包茎が恥ずかしい」、「彼女(奥さん)にどう思われているのか?嫌がられているのでは...」、「包茎を見られたくない」、「臭いがしたらどうしよう」などと、自分が包茎であることが気になりすぎて、精神的な問題からED(勃起不全)になる可能性もあります。



EDとはErectile Dysfunctionの略語で、勃起不全や勃起障害と呼ばれており、日本人男性の4人に1人はEDだとも言われているほど、深刻な問題です。

日本性機能学会によるEDの定義は、「性交機会の75%以上で勃起が不十分であるために、満足な性交が出来ない状態」とされています。


つまりEDとは、セックスの間ペニスの勃起を維持させることが困難であったり不可能な状態のことで、満足のいく性交が行えないことを言います。

勃起しないだけではなく勃起が続かなかったり、硬さが十分ではない場合、勃起に時間がかかる場合、常に勃起不全なわけではないケースも、EDに含まれます。


例えば真性包茎の男性の場合、最初は普通に勃起していたとしても、挿入がうまくいかなかったり見た目や臭いなどを気にしているうちに段々とセックスが楽しめなくなって、勃起状態が続かなかったり、カントン包茎の男性だと挿入によって意図せず包皮が剥けてしまい、亀頭が締め付けられる痛みによって中折れしてしまったりと、包茎の人なら思い当たる節はあるはずです...。


また、EDには軽度から中度、重度と段階ごとにレベルがありますが、放置していて改善するものではありません。


加齢だけじゃない!若い男性も悩む「ED」の原因とは?


ここで注目してほしいのは、EDの原因です。

EDになってしまう原因には、(1)心因性ED、(2)器質性ED、(3)混合型EDがあります。


(1)心因性EDとは、先ほどお話したようにストレスやプレッシャー、疲労、緊張、例えば過去のセックス経験での自信喪失やトラウマなどの心の問題で起きる勃起障害で、20代や30代、40代など若い世代にも多いEDです。

包茎であることを気にしすぎていたり、あるいは包茎に関わる過去のトラウマも重なって、EDになってしまうケースも少なくありません。


(2)器質性EDとは、加齢に伴うものが原因であったり、糖尿病や高血圧、喫煙、飲酒などによる動脈硬化によって起きる勃起障害です。

なぜ動脈硬化が関係あるのかというと、そもそも勃起というのは神経から性的刺激がペニスに伝わるだけではなく、ペニスの陰茎海綿体に血液が十分に流入して起きるものであるため、血液の循環が悪いこともEDに繋がってしまうためです。


最後に(3)混合型EDとは、精神的なストレスなどで起きる心因性EDと、動脈硬化などが原因で起きる器質性EDのどちらも併せ持ったEDのことを、混合型EDと言います。

この混合型EDは、50代や60代などの年代にも多いですが、ED自体は高齢者だけの問題ではありませんね。


ということで、EDと包茎との関係性についてはわかっていただけたでしょうか。

包茎でなおかつEDの男性の場合、包茎治療を得意としているクリニックなどで包茎の治療をすることで、EDも改善したというケースも少なくないようです。


「自分が我慢すればいいだけ」と、決して簡単に考えてはいけない包茎。


このように、包茎は性感染症などのさまざまな病気を招きやすいのですが、これらの性感染症などは自分だけが我慢すればそれでいいというものではありません。

なぜなら、性感染症はあなたのパートナーの女性に感染するだけではなく、女性の重い病気をも誘発してしまう原因になりかねないからです。


その代表的なものが子宮頸がんで、この原因となるのが、包茎などによって亀頭に溜まりやすい恥垢だと言われています。

包茎は自分だけの問題ならまだしも、大切なパートナーにまで影響を及ぼすとなると、やはりたかが包茎とは思わないで、包茎から開放され、常に清潔に保てるよう心がけることが大切ですね。


<<前の記事「包茎だと性病になりやすいって本当?!尖圭コンジローマやクラミジア、カンジダなどの性感染症の症状」へ
>>次の記事「包皮口や包皮の長さが関係してる?包茎になる原因とは何か!/包茎は遺伝するのか?」へ


●関連記事
「包茎の種類」仮性包茎、真性包茎、カントン包茎とは?どんな状態、症状のこと?
包茎を自分で剥くとこんなトラブルに!剥き癖をつけるのは危険?!剥き癖で包茎は治るのか?剥き癖の付け方とは
包茎治療クリニックで出来る治療!性感染症、亀頭増大(ペニス強化)、長茎術、ED(勃起不全)、早漏防止など!









ペニスと包茎についての基礎知識

 

包茎手術を受ける前に絶対に読んでおくべきこと!

 

包茎手術・治療でオススメのクリニック一覧