包茎手術はどこのクリニックや病院でやっても同じということは決してありません。 包茎手術・包茎治療で実績豊富な信頼のおけるクリニックを選ぶべきです。

以下に、包茎手術で知名度・信頼度の高いクリニックを厳選していますので、参考にしてみてください。 不安な方もまずは気軽に相談してみるとよいと思います。

1位 上野クリニック ← 包茎手術25年以上の実績

業界最大手の安心感・信頼感。

スタッフから患者まで全て男性しかいない男性専門院です。イヤな思いをすることなく治療が受けられますね。

上野クリニックでは、カウンセリングが無料で受けられるのも大きなメリットです。

カウンセリングでは、多くの症例や施術方法などを丁寧に説明が受けられるので、自分の包茎に悩んでいるくらいなら、 無料なんだからとりあえずカウンセリングに行くだけでも、大きな一歩といえます。

 

 


全国に14医院あり。

ABCクリニック美容外科は、包茎治療をはじめ亀頭・陰茎増大、長茎術、早漏防止治療、ワキガ・多汗症対策などを行っています。

「安価」、「安心」、「安全」という"トリプルA(3つのA)"を掲げています。

ABCクリニックでは未成年でも18歳以上であれば、親権者同意書を持参し親権者同伴であれば治療を受けることができますが、17以下の人は治療を受けることができません。

 

 


東京ノーストクリニックは、包茎治療の最高の技術提供だけではなく、顧客満足度や患者さん1人1人への"心のカウンセリング"を最も大切にしているそうです。

痛みを出来るだけ少なくする最新の麻酔技術も自慢の1つです。

テープ式麻酔、ジェル麻酔、スプレー麻酔などの瞬間表面麻酔の基礎麻酔を行った後に、即効性と持続性のブレンド麻酔を行うもので、 この麻酔技術によって治療中はペニスに触られた感覚もなく、治療後も痛みも感じることはないそうです。

 

 


【包茎手術の全て】人気ページの紹介


包茎手術をするべき7つの理由とは!包茎手術を受けるメリットとデメリット



長年悩み続けてきた自分の包茎ですが、治療したいとは思うものの、 包茎手術をすることで具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

重度のカントン包茎や真性包茎の男性の場合はペニスの機能的な改善はもちろんのこと、 仮性包茎の男性の場合は見た目が良くなるなどのメリットしかないようにも思えますが、 実は包茎手術を受けることは、悪臭や恥垢、性感染症などの予防、早漏の改善など、さまざまなメリットがあります。


また、包茎手術を受けることによって起きかねないデメリットについてもお話しています。

一般的なサイトだと、包茎手術を受けるメリットについてしか解説されていなかったりしますが、 大切な性器の手術ですので、デメリット点についてもしっかり知っておきましょう。


>>続きはこちら


包茎手術を受けるクリニックの正しい選び方は?失敗しないためのポイント



「包茎手術を受ける病院は、どこも同じようなもの」と思っていませんか?

包茎に悩む男性なら誰もが思うことだと思いますが、包茎って見た目のコンプレックスもあるのに、 ただ皮が剥ければそれでいいわけではありませんよね。

包茎が治ったところで、目を疑うほどの仕上がりになったり、女性に見られた時に「手術跡があるけど、もしかして 包茎だったの?」なんてあからさまにわかってしまうような見栄えになっては、手術を受ける意味がないと思います。


せっかく包茎を治療するのであれば、手術後の見た目にだってこだわっているクリニックを選びたいですよね!

このページでは、後々後悔しないための失敗しないクリニック選びのポイントを解説しています。

包茎手術を受けようと考えているのであれば、その前に絶対読んでおきたいページです!


>>続きはこちら


包茎手術はどっちがいい?泌尿器科と包茎治療専門クリニックを比較!メリット&デメリット



包茎手術が受けられるのは、包茎手術専門クリニックと一般的な泌尿器科の2種類があります。

このページでは、包茎手術専門クリニックまたは泌尿器科で受ける包茎手術の、 それぞれのメリットとデメリットを比較解説しています。

例えば、泌尿器科で手術が受けられるのは重度のカントン包茎と真性包茎のみで、健康保険は使えるので費用が低く 抑えられる反面、健康保険の履歴に残ることで家族などにはバレやすい…。

その反面、包茎専門クリニックでは健康保険は使えないもののどの包茎のタイプの方でも手術可能で、通院履歴も残らず、 美容外科であるため術後のペニスの見た目にはこだわりのあるクリニックが多い…などなど。

双方の良い点、マイナス点をよく知ることで、包茎手術を受けるクリニック選びの参考にしてください。


>>続きはこちら


中学生や高校生の包茎はどうする?何歳までに手術するべき?包茎手術の年齢制限はある?中高年男性が包茎手術?



ネットでもよく見かけるのが、子供をはじめ中学生や高校生などの包茎の治療はどうしたらいいか?という疑問。

思春期を迎え、修学旅行や銭湯、部活などで友達などに裸が見られることも多くなって、 「自分だけまだ剥けていないけど大丈夫なんだろうか…」と悩んでしまいますよね。

実はペニスも身体の一部のため成長期とも関係しており、○○歳までに包茎が治らなかったら、 大人になっても包茎が治ることはない!と言われています。


そこで、包茎手術は何歳からいくつまで受けられ、年齢制限はあるのか?などについてもお話しています。

また、最近では70代や80代の男性で包茎手術を受ける方がとても増えており、 その理由やメリットについても解説しています。


>>続きはこちら


包茎のデメリット!包茎が原因で起きるさまざまな病気と症状!亀頭包皮炎や陰茎がん、EDまで?!



包茎手術を受けるメリットと似ていますが、包茎の状態はさまざまなデメリットを招いてしまいます。

例えば包茎が原因で起きるものには、亀頭包皮炎、閉塞性乾燥性亀頭炎、陰茎がん、 尿路感染症、ケーラー紅色肥厚症などがあります。

これらは、包茎によって亀頭部分が常に包皮を被って恥垢が溜まりやすいことをはじめ、細菌や雑菌の温床になり、 不衛生で不清潔な状態が引き起こすと考えられています。

それだけではありません。
包茎男性なら誰もが経験あると思うんですが、自分の包茎を女性に見られるのが恥ずかしいと思ったり、今日は ちゃんとSEX出来るだろうかと、精神的な問題からED(勃起不全)になる可能性もあるんです。

包茎とEDって全然関係のないように思えますが、驚きですよね。

包茎の状態はデメリットばかりを生み、メリットなど1つもないのです!!


>>続きはこちら





更新情報

2017/1/12 トップページ更新しました。

ペニスと包茎についての基礎知識

 

包茎手術を受ける前に絶対に読んでおくべきこと!

 

包茎手術・治療でオススメのクリニック一覧